スポーツ観戦

日本でも人気の高い野球について

日本では野球の人気が非常に高いです。

毎年3月になるとプロ野球が開幕し、多くのファンは自分の贔屓チームの戦いを日々追いかけます。

スポーツ新聞やテレビのスポーツニュースでも頻繁に取り上げられますので、生活の一部になっているという側面もあります。

スポーツ観戦はストレス解消にもなりますし、プロの鍛え抜かれた技を見ることによって感動を得ることも出来ます。

また、野球は筋書きのないドラマと言われます。

ゲームセットという審判のコールを聞くまで結果が分からず、途中で大量リードしていたチームがちょっとしたエラーから逆転を許してしまったという試合は過去にいくつもあるのです。

従って監督やコーチは勝っている時でも気持ちは穏やかでなく、最後まで気を抜かないように選手に声をかけたりします。

また、選手交代のタイミングも勝敗に大きな影響を与えます。

プロ野球の監督の仕事で最も難しいのが、先発ピッチャーを交代させるタイミングだとも言われています。

このピッチャーに何とかして勝ち投手の権利を与えてやりたいという温情から交代機を逃して相手チームに逆転を許すシーンも頻繁に見られます。

また、世の中にはいろんなスポーツがありますが、野球は時間制限のないスポーツという特徴があります。

サッカーは前半と後半の時間が決まっていますので、そういったスポーツとは観戦のスタイルもかわってきます。

延長戦が長くなると5時間を超える試合になったりもします。

2015年プロ野球の観客動員数が大きく増えました

近年スポーツ観戦の代名詞と言えばサッカー観戦ですが、かつての王者である野球も根強い人気があり、2015年のプロ野球観客動員数は2432万人を記録してなんと全球団増加したのです。特に凄... 詳細はこちら